石丸弥蔵商店とは

石丸弥蔵商店は、1901年に愛媛県松山市に産声をあげた、瀬戸内海産を主に扱う海産乾物問屋です。

瀬戸内海の生産者さんと、いりこやしらす、ひじきなどの様々な海産物を一緒に作り上げ、全国のお客さまに届けております。

弥蔵だからできること

弊社は長年かけて培ってきた生産者さんとの繋がりを活かし、浜を巡って原材料を集めています。上物原料を仕入れ、加工やパッキングを自社で行うことで、原料商社かつメーカーとして、最短ルートで上質の商品をお届けすることができます。

漁船が並ぶ瀬戸内の海

わが社の想い

海産物の仕上がりは、漁獲時の魚由来の部分が大きいので、同じ生産者さんでも商品の品質はピンからキリまでできてしまいます。その中で、たくさんの生産者さんの商品から、各お客様に応じた品質の魚を「目利き」して「調整」し、さらには、短い漁獲期間の海産物を1年間、「在庫」することが「品質安定」を図るためのわが社の役割です。

いりこの入札の様子
最漁期は1日1万ケースの魚を値付けします。

「上物」を「お値ごろ」でお届けするためには、原料商社が商品に仕上げる以外ありません。そうするからこそ、生産者さんは「良いものをこだわって作る」ことに専念でき、消費者の方が満足してくれる商品ができます。

昭和初期の目利きメンバー
この頃から、築地市場へ商品を送っています。



原料商社であるわが社が「良いものには適正な評価をして生産者さんからしっかり買う」結果、生産者さんも潤い、商品作りにしっかりこだわることができます。最終的にお届けされる消費者の方も、「買ってよかった」と満足して頂ける商品に仕上がります。そういった想いをお届けできれば、こんなに嬉しいことはございません。

ひじきの天日乾燥の様子
浜で丁寧に干したひじきは非常に美味しいです。